本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

ルネサス エレクトロニクス株式会社製SuperH RISC engine用の静止画像可逆圧縮・伸張ソフトウェアライブラリです。
コンピュータグラフィクスなどの規則性の高い画像を効率よく圧縮・伸張できます。

WEBなどに広く使用され、画像の一部を透過させて背景と重ねるなどの特長を持つ画像フォーマットです。
2色〜48ビットフルカラーまでの広い範囲に対応でき、圧縮・伸張を繰り返しても画質が劣化しません。

特長

  • PNG Ver.1.2仕様をサポートし、多彩な画像を画像劣化なしに圧縮・伸張可能
  • 柔軟なAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)によりデータ入出力の最適化やユーザ側での拡張が容易
  • ヘッダの解析やテキストの検索、PNGデータの検証などの機能を備え、用途に応じた使い方が可能
  • 圧縮率や速度、ワーク領域サイズなど、システムに応じて調整が可能
  • Windows CE / Windows Automotiveへ対応(SH-4/SH-4Aのみ)
  • 伸張時に拡大・縮小・回転が可能(オプション)

用途

多彩な用途

PNG(Portable Network Graphics)とは

PNG(ピング)は、インターネットや携帯電話で使われている可逆圧縮画像フォーマットです。
グレースケールから48ビットフルカラーまでの幅広い範囲をサポートしています。
W3Cで標準化した仕様が公開されているオープンなフォーマットです。

仕様

仕様

開発環境

  • μITRON用:クロスソフトウェア(SH-C/C++コンパイラVer6.0/7.1/8.0/9.0)が動作するWindows環境
  • Windows CE用: Microsoft Corporation製 eMbedded Visual C++ 4.0

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

その他

  • 圧縮・伸張機能で対応するフォーマットなどには制約があります。
  • ご購入に際しては、当社とのソフトウェア使用許諾契約が必要です。
  • この製品は国内仕様です。海外サポートにつきましては、お問い合わせください。