本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

TRONSHOW2013 へのご来場、ありがとうございました

  1. 日時: 2012年12月12日(水)〜14日(金) 10:00〜17:00
  2. 会場: 東京ミッドタウン ホール(地下1階)東京都港区赤坂9-7-1

展示内容の紹介

TRONSHOW2013では、マルチコア・プロセッサから組込みマイコンまで幅広く対応する、T-Kernel組込みソリューションの展示紹介を行いました。

展示.1  リアルタイム・オーガナイザ

TRONSHOW2013出展風景

組込システムの高速化・高性能化・高機能化に伴い、半導体メーカよりマルチコア・プロセッサが次々とリリースされています。当社では、このマルチコ ア・プロセッサのソリューションとして、リアルタイム・オーガナイザを展開 しています。
リアルタイム・オーガナイザは、マルチコア・プロセッサにお いて、リアルタイムOS(T-Kernel)と汎用OS(Linux/Android)を協調動作させる技術です。
組込みシステムにおいて、Linux/Androidを使用する際に問題となるリアルタイム性能や起動時間の遅さ、システムの信頼性などを、 T-Kernelとの協調動作により解決します。 今回は、T−Kernel側にカメラアプリを、Android側に当社音声合 成ミドルウェア「RubyTalk」の音声アプリを搭載し、デュアルOS利用を紹介しました。

展示.2  スマートエネルギーソリューション

μT−KernelをベースにHEMS(Home Energy Management System)利用 を想定した、電力使用量の表示、空調の自動制御を紹介しました。

画像 TRONSHOW2013