本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

写真 取締役社長

画像 「System Design Company」が私たちのめざす姿です。

   当社の主な業務は、先進的で高度なシステムを開発されるお客さまからのご依頼により組込みソフトウェアやハードウェア、FPGA/LSIを開発する『システムデザインサービス』です。特に、電子化・電動化の進む自動車の、センサーデバイス制御、アクチュエーター制御、情報表示制御、カーナビなどの音声入出力機能、高度運転支援システム、自動運転制御などのデザインサービスは当社事業の中核です。また、鉄道車両やその運行を支える地上システム、情報・通信システム、医療システムなどの分野でも開発の一翼を担っています。

   さらに、昨今ではIoT分野での、センシング・データ処理・通信のエッジコンピューティング、スマート工場に向けた生産支援システムソフトウェア、見守り・介護を支援する生体センシングシステム、人と装置を繋ぐ多言語音声入出力ソフトウェアにも力を入れています。これらは受託でのデザインサービスではなく、当社独自のミドルウェア製品や組込み用システム製品をご提供し、ご要望に応じて関連開発を受託する『製品+サービス』の形でもお客さまのシステム開発への貢献をめざしています。

   「デバイス応用技術」、「組込みソフトウェア技術」、「リアルタイム制御技術」、「IT技術」をコアとする当社の高い技術力・品質力・開発遂行能力は、お客さまから高い評価をいただいていると自負しております。

   これらの力は、当社がLSIの設計エンジニアリング会社として1980年に創業して以来、LSI自体の設計業務、自動車・情報・通信・産業制御分野でLSIを活用するためのソフトウェア開発業務を展開してきた中で育んできました。

   当社は、これからも、最新のLSI知見とLSIの持つ能力を十全に引き出すノウハウをベースとしてお客さまの課題解決を支えるとともに、日立グループ各社と連携したビッグデータ解析やAI活用も含め、『One Hitachi』でのシステムデザインサービス、製品・サービスで社会に大きく貢献していく所存です。

   明日を拓く気概に満ちたエンジニア集団、(株)日立超LSIシステムズをご活用ください。

取締役社長 河路 幹規