本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

仕事紹介1   :   受託によるソフトウェア・システムの開発・設計

受託設計

お客さまから要望を頂き、または、当社からお客さまに提案し、新しいシステムをつくる仕事です。

開発の主な流れ

  1. 要件定義(仕様決定)
    • お客さまの求める仕様を整理し、その内容を明確にします。
    • 打合せや質疑応答を繰り返し、詳細まで確認します。

    ※開発・設計において、非常に重要な工程です

  2. 設計・実装
    • ソフトウェアの構造や、ハードウェアの制御方法などを決定します。
    • 仕様、設計の内容を基にC言語を中心として、C♯、C++、Java等の言語でプログラミングします。
  3. 評価
    • 開発したシステムが、設計通り、仕様通りに動作するかを確認します。
  4. 納品
    • お客さまにシステムを納品します。エンジニアとして達成感を感じる瞬間です。

仕事の特徴

  1. アプリケーションのソフトウェア設計に止まらず、ミドルウェア、OS、ドライバー(ハードウェア)まで、幅広い技術分野を経験出来ます。
  2. 上流工程(設計)だけでなく、実装から評価まで、モノづくりを一貫して行い、エンジニアとして幅広いスキルを身に付けることが出来ます。
  3. 各分野で最先端の技術を実体化することが出来ます。