本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更さ れ、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧ください。

2008年1月21日
株式会社日立製作所
株式会社日立超LSIシステムズ
株式会社アキタ電子システムズ

半導体事業の効率化に向けてグループ会社を再編
日立超LSIシステムズがアキタ電子システムズを子会社化し一体運営を推進

株式会社日立製作所(執行役社長:古川 一夫/以下、日立)は、このたび、半導体事業の効率化を目的に、2008年3月31日付で、日立の100%子会社である株式会社アキタ電子システムズ(取締役社長:上田 誠一/以下、アキタ電子)の全株式を、株式会社日立超LSIシステムズ(取締役社長:木原 利昌/以下、日立超LSI)へ売却することを決定しました。今回の再編により、アキタ電子は、日立超LSIの100%子会社となります。今後、両社は一体運営により、事業の効率化を推進します。

アキタ電子は、長年にわたって、半導体関連の設計・開発および製造を手がけていましたが、2006年10月に、製造部門である半導体後工程実装事業をエルピーダメモリ株式会社に譲渡し、現在は主にLSIや組込みソフトウェアの設計・開発を行っています。一方、日立超LSIも、LSIやシステム製品、組込みソフトウェアの設計・開発を中心に事業展開しており、日立グループとして、効率的な事業運営を図るため、アキタ電子を日立超LSIの100%子会社とし、両社が一体となってLSIや組込みソフトウェアなどの設計・開発を行うことで、経営資源を有効活用し、市場競争力の強化を進めていくこととしました。

今後は、LSI設計・開発技術と、ミドルウェアを中心とする組込みソフトウェア技術を融合した組込みシステム技術を有する日立超LSI、Windows®* CEを中心としたOS(Operating System)技術を有するアキタ電子が連携することにより、顧客の多様なニーズに対応した、より付加価値のある製品を迅速に提供し、事業の拡大を図ります。さらに、日立超LSIおよびアキタ電子では、新たな注力分野として、今後、ますます市場の拡大が見込まれ、組込みソフトウェアをはじめとする半導体関連製品の需要増加が期待されるCIS(車載情報システム/Car Information Systems)分野を中心とする自動車関連市場の開拓を図ります。

*
Windows® は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

日立超LSIの概要

  1. 商号:株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ
  2. 本社所在地:東京都国分寺市東恋ヶ窪三丁目1番1号
  3. 代表者:取締役社長 木原利昌
  4. 設立:1980年6月
  5. 資本金:6億円(日立製作所67% 、ルネサステクノロジ33%)
  6. 売上高:315億円(2007年度見通し)
  7. 従業員数:1,356名(2007年3月末)
  8. 事業内容:LSI、システム製品、ソフトウェアの開発、設計、販売

アキタ電子の概要

  1. 商号:株式会社アキタ電子システムズ
  2. 本社所在地:秋田県秋田市雄和相川字後野85番地
  3. 代表者:取締役社長 上田誠一
  4. 設立:2002年4月(前身のアキタ電子株式会社の設立は1969年4月)
  5. 資本金:9,800万円(日立製作所100%)
  6. 売上高:19億円(2007年度見通し)
  7. 従業員数:153名(2007年3月末)
  8. 事業内容:LSI、ソフトウェアの開発、設計、販売
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。