本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

このニュースリリースにおける将来予測に関する情報は、当社が現時点で合理的であると判断する一定の前提に基づいています。このため、実際の結果と大きく異なったり、予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2013年12月18日
株式会社日立超LSIシステムズ

日立超LSIシステムズとアキタ電子システムズの合併に関するお知らせ

  株式会社日立超LSIシステムズ(取締役社長:菊地 明/以下、日立超LSI)は、2014年4月1日に、日立超LSIの100%子会社である株式会社アキタ電子システムズ(取締役社長:吉田 昌弘/以下、アキタ電子)を吸収合併することを決定しましたのでお知らせします。

1.合併の目的

  日立超LSIは、これまで半導体デバイス事業、組込みシステム・ソフト事業を主力として、日立グループおよび日立グループ以外のお客さまに対し、設計・開発・製品販売を行ってきましたが、今年度より、日立グループ貢献事業の拡大、自動車関連事業の拡大をめざし、経営リソースの最適配置を行ってきました。その一環として、今回、アキタ電子の強みであるソフトウェア事業、アナログデバイス事業の技術者を日立超LSIへ集約します。本合併により、組込みシステム・ソフト事業および日立グループ向けデバイス事業の強化を行い、競争力を高めるとともに、経営効率の向上と意思決定の迅速化を図ることで、強固な経営基盤を構築していきます。

2.合併の要旨

(1)日程

取締役会決議 2013年12月6日
契約締結日 2013年12月9日
合併期日(効力発生日)       2014年 4月1日(予定)        

(2)合併方式
     日立超LSIを存続会社とする吸収合併方式で、アキタ電子は解散します。

(3)合併に係る割当ての内容
     日立超LSIの100%子会社との合併であるため、本合併による株式その他の財産等の割当ては行いません。

3.合併後の状況

     本合併に伴う存続会社の商号、本店所在地、代表者、事業内容、資本金、決算期の変更はありません。

4.合併当事会社の概要

商号 (株)日立超LSIシステムズ
(存続会社)
(株)アキタ電子システムズ
(消滅会社)
本店所在地 東京都立川市緑町7番地1 秋田県秋田市雄和相川字後野85
代表者 取締役社長 菊地 明 取締役社長 吉田 昌弘
資本金 310百万円 98百万円
設立年月日 1980年6月 1969年4月
従業員数
(就業人員)
541人 (2013年12月現在) 212人 (2013年12月現在)
決算期 3月末日 3月末日
株主 (株)日立製作所
(出資比率100%)
(株)日立超LSIシステムズ
(出資比率100%)
売上高
(2013年3月期)
15,613百万円 1,510百万円
事業内容 組込みシステム・ソフトウエアの開発、設計、製造、販売
半導体および半導体システム製品の開発、設計、製造、販売
ソフトウエアの設計・開発

半導体(LSI)の回路設計

お問い合わせ先

  経営・財務企画部 [担当:三浦、山田]    電話:042-512-0815(直通)