本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2016年9月29日
株式会社日立超LSIシステムズ

自動車向け機能安全規格「ISO 26262」の自己適合宣言について
自動車用安全度水準のソフトウェア開発に対応可能

  株式会社日立超LSIシステムズ(本社:東京都立川市、取締役社長:河路 幹規/以下、日立超LSI)は、本日、自動車向け機能安全の国際規格「ISO 26262」に対し、当社の開発プロセスおよび関連ガイドラインについて自己適合宣言を行いました。

  今回の自己適合宣言は、当社のソフトウェア開発プロセスおよび関連ガイドラインについて行うもので、JIS Q 17050-1:2005(ISO/IEC 17050-1:2004)「適合性評価−供給者適合宣言」に基づき、自動車向け機能安全の国際規格である「ISO 26262:2011」の以下を対象にするものです。

ISO 26262-2 自動車−機能安全−第2部 機能安全の管理
ISO 26262-6 自動車−機能安全−第6部 ソフトウェアレベルにおける製品開発
ISO 26262-8 自動車−機能安全−第8部 支援プロセス

  近年、自動車の電動化や機能の高度化による車載組込みソフトウェアの大規模・複雑化が進展する一方で、安全設計や信頼性検証に対応した車載制御ソフトウェアの安全性能実現への要求が高まっています。自動車分野の組込みソフトウェアデザインサービスを中核事業の一つとする当社では、これまで、ISO 9001やCMMI®の認証を通じ、組込みソフトウェアの設計・開発における品質管理に取り組んできました。今回、これらの開発プロセスの見直しとガイドラインを整備し、上記の各プロセス範囲に対する評価を実施した結果、当社の開発プロセスが「ISO 26262」規格の要求に則っていることを確認しました。これにより、自動車用安全度水準に対応したソフトウェア開発が可能となります。

  当社では、2014年より機能安全技術者を育成し、2016年9月現在で18名の機能安全技術者(JARI/MIRA Functional Safety Engineer(*1))、3名のISO 26262アセッサー(DNV GL Functional Safety Assessor(*2))、1名のAutomotive SPICERアセッサー(intacs™ Provisional Assessor(*3))を擁しております。
  当社は今後も、組込みソフトウェアデザインサービスの更なる品質向上をめざし、安全で信頼性の高いサービスの提供に努めてまいります。

自動車向け機能安全組込みソフトウェアデザインサービスの概要

  1. 機能安全設計サービス
    機能安全ソフトウェアプロセス要件を満たすアーキテクチャ設計、
    ソフトウェアユニット(詳細)設計
  2. 実装支援サービス
    安全機能検証と妥当性確認、機能安全プロセスルールに沿ったコーディング、
    静的解析サービス
  3. ドキュメント作成サービス
    ソフトウェア安全要求仕様、各フェーズで作成するドキュメントの機能安全対応
    (テスト仕様書作成、トレーサビリティに対応した帳票の作成、エビデンスの作成・検証)

特記事項

Automotive SPICE® v2.5 Level2に準拠(MAN3、SUP1、ENG4-6)している。準拠の判断については、支援文書AutomotiveSPICE_Conformity_Assessment_ReportおよびAutomotiveSPICE_ Requirements_Checklistに明示している。
ISO 26262 ASIL(Automotive Safety Integrity Level)は、A-Bに対応している。
ISO 26262-2 7節「アイテムの生産に向けたリリース後の安全管理」は対象外とする。
ISO 26262-8 12節「ソフトウェアコンポーネントの認定」、13節「ハードウェアコンポーネントの認定」、14節「使用実績による論証」は対象外とする。
規格各部の節単位に満たない要件単位での除外および適合判断については、支援文書ISO_ 26262_Requirements_Checklistに明示している。
*1
JARI/MIRA Functional Safety Engineerは、一般財団法人日本自動車研究所(JARI)と英国の試験研究機関MIRA(Motor Industry Research Association)社が認定する機能安全技術者の資格です。
*2
DNV GL Functional Safety Assessorは、第三者認証機関(DNV GL)の基準を満たした場合にDNV GLが与える機能安全アセッサーの資格です。
*3
intacs™ Provisional Assessorは、非営利団体intacs™(International Assessor Certification Scheme)から認定を受けた認証機関が与えるAutomotive SPICEアセッサーの資格です。

他社商標注記

記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

お客さまお問い合わせ先
営業統括部 [担当:中村]    電話:042-512-0845(直通)
報道機関お問い合わせ先
経営企画部 [担当:山田]    電話:042-512-0821(直通)