本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2018年3月28日
京浜急行電鉄株式会社
国立研究開発法人情報通信研究機構
株式会社ブリックス
株式会社日立製作所
株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ

共同研究の成果を活用して 「言葉の壁を越えたおもてなし」 を実現 !
新たな鉄道向け多機能翻訳アプリを全駅に本格導入

    京浜急行電鉄株式会社 ( 本社:東京都港区、取締役社長:原田 一之、以下 「京急電鉄」 ) 、国立研究開発法人情報通信研究機構 ( 本部:東京都小金井市、理事長:徳田 英幸、以下 「NICT」 ) 、株式会社ブリックス ( 本社:東京都新宿区、社長:吉川 健一、以下 「ブリックス」 ) 、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:東原 敏昭,以下 「日立」 ) および株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ ( 本社:東京都立川市、取締役社長:河路 幹規、以下 「日立超LSIシステムズ」 ) は、2016年7月から、鉄道分野における多言語音声翻訳サービスの性能向上および運用性向上を目的とした共同研究を行ってきました。京急電鉄では,共同研究の成果を活用して日立超LSIシステムズから提供予定である、駅係員による外国人のお客さまへの多言語案内をサポートする対話型の音声翻訳クラウドサービスを2018年4月から試験導入、7月初旬に京急線全駅(泉岳寺駅を除く)に本格導入します。これはNICTの 「VoiceTra ( ボイストラ ) 」 をベースとする音声翻訳エンジンを使用し、鉄道分野での具体的なニーズに対応する様々な機能を搭載した本格的な商用サービスであり、鉄道会社が導入するのは日本で初めてとなります。

   詳細はこちらをご覧ください。

音声翻訳クラウドサービスのアプリ画面イメージ ( 開発中のもの )

音声翻訳アプリ画面の例:対話型の逐次翻訳
対話型の逐次翻訳

音声翻訳アプリ画面の例:タッチパネル型のお忘れもの確認画面
タッチパネル型の
お忘れもの確認画面

音声翻訳アプリ画面の例:よく使うフレーズの自由登録・編集画面
よく使うフレーズの
自由登録・編集画面