本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

統合開発環境 High-performance Embedded Workshop

RXファミリ、SuperH ファミリ(SH)、H8SX,H8S,H8ファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ

総合開発環境High-performance Embedded Workshop

ソース編集、ビルド、デバッグまでを一つの開発環境でサポートします。

High-performance Embedded Workshop画面イメージ
High-performance Embedded Workshop画面イメージ

キャプションを入れてください。
項目 概要
プロジェクトジェネレータ
  • スタートアップコードを自動生成します。
ビルド機能
  • ソースファイルの変更、依存関係を調べビルドします。
  • 外部ツールの挿入等、ビルドの手順を容易にカスタマイズできます。
  • エディタ上で、C/C++標準ライブラリのヘルプを表示できます。
  • コンパイルエラー時は、エラーヘルプの表示、タグジャンプができます。
  • makeファイルも作成できます。
プロジェクト管理、
コンフィグレーション機能
  • プロジェクト内に複数のサブプロジェクトを定義でき、階層的に管理できます。
  • プロジェクトにオプション指定を変更した複数のパターンをコンフィグレーションとして管理できます。
シミュレーション機能
  • PC上で動作するため、実機なしでもプログラムデバッグができます。
  • Windowsグラフィカルユーザインタフェースにより、快適なデバッグ環境です。
  • Cソースレベルでの効率の良いデバッグができます。
  • 関数単位の実行サイクル数や呼び出し回数の測定ができます。
  • キャッシュヒット率の算出ができます(SH)。
  • 豊富なブレークポイント機能(擬似的な割込み動作も可能)をサポートしています。
  • アセンブリソースレベルでのカバレジ表示ができます。
  • 画像表示、波形表示による視覚的デバッグ機能です。
  • リアルタイムOS使用プログラムの実行履歴をグラフィカルに表示します(RX)。
  • パイプラインシミュレーション、キャッシュシミュレーション、MMUシミュレーションをサポートしています(SH)。
バージョン管理ツール とのインタフェース
  • 市販のバージョン管理ツールと接続するためのコマンドインタフェースをサポートしています。
スタック解析ツール
  • スタック解析ツールによりスタック使用量を容易に把握できます。

C/C++コンパイラ・アセンブラシステム

機器組込み向け機能を充実した、最適化C/C++コンパイラ、アセンブラ、最適化リンケージエディタを提供します。

キャプションを入れてください。
項目 概要
言語仕様 C++言語仕様をフルサポートしています。ANSI/ISO規格に基づき例外処理やテンプレート機能もサポートしています。
最適化機能 共通式の削除、レジスタ割り付けなどの一般的な最適化に加えて、マイコンに特化した最適化コードを実現しています。 さらにリンク時の最適化機能により、ソースファイル間にまたがる最適化も実現しています。
組み込み向け機能 C/C++言語でサポートしていない割り込み関数記述やシステム命令記述など、組み込み用プログラム作成に必要な機能を拡張機能としてサポートしています。
出力形式 4種類(ELF/DWARF2、Sタイプ、HEX、バイナリ)のロードモジュール形式を選択出力できます。
製品一覧
製品名 製品型名 標準価格
(1ライセンス)
RXファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ PRX00CAS1-MWR \198,000-
(税込\213,840-)
SuperHファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ P0700CAS9-MWR
H8SX, H8S, H8ファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ PS008CAS7-MWR
  • バージョンアップサービスは行なっておりません。旧バージョンをお持ちのお客様は新バージョンをご購入ください。
  • 同一製品を5セット以上お求めの方は、お得なライセンス販売をご利用いただけます。ライセンス販売の詳細につきましては「お問い合わせ」より専用フォームにてお問い合わせください。

High-performance Embedded Workshop版 RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージは、V.1.02 Release 01でバージョンアップを終了しました。
そのため、High-performance Embedded Workshop版 RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージは V1 のみで、V2 はありません。CS+版へ移行し、コンパイラのバージョンを V1 から V2 へバージョンアップ(*) することもご検討ください。

*
CS+版 V2を新規にご購入いただくことになります。CS+版 V2では、RX100シリーズとRXv2コア搭載品(RX64Mグループなど)にも対応しています。
製品仕様
製品パッケージ内容 High-performance Embedded Workshop,C/C++コンパイラ,アセンブラ,最適化リンケージエディタ,標準ライブラリ構築ツール,シミュレータデバッガ,Call Walker(スタック解析ツール),MapViewer(メモリ割付情報ビューワ)
対応
MCU
RXファミリ用(*1) RX600シリーズ(RX64Mグループ除く)
RX200シリーズ
SuperHファミリ用 SH-1、SH-2(*2)、SH-2E、SH2-DSP、SH-2A、SH2A-FPU、SH-3、SH3-DSP、SH-4、SH-4A、SH4AL-DSP
H8SX, H8S, H8
ファミリ用
H8/300、H8/300L、H8/300H、H8S/2000、H8S/2600、H8SX、AE-5



ホストコンピュータ IBM PC/AT互換機
OS RXファミリ用
(*3) (*5) (*6)
Windows XP、Windows Vista、Windows 7
SuperHファミリ用
(*3)
Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
H8SX, H8S, H8
ファミリ用
(*3) (*4) (*5) (*6)
Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows 7
メモリ容量 空き容量 最低128MB、256MB以上を推奨
ハードディスク容量 空き容量 200MB以上
ディスプレイ SVGA以上
I/O装置 CD-ROMドライブ
その他 マウス等のポインティングデバイス
*1
RX100シリーズ、RXv2コア搭載品(RX64MグループやRX700シリーズなど)の対応予定はありません。
*2
リトルエンディアン対応です。 (V.9.00 Release 01より)
*3
Windows XP、Windows Vistaの64ビット版には未対応です。
*4
High-performance Embedded Workshop をV.4.08.00以降へアップデートすることにより、Windows 7に対応します。
*5
Windows 8、Windows 8.1の動作確認状況は、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページをご覧ください。
*6
Windows 10の動作確認状況は、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページをご覧ください。

コンパイラパッケージについて以下の情報を記載しています。

  • 対応OS
  • コンパイラパッケージに含まれる各ツールのバージョン構成
  • コンパイラパッケージに含まれる各ツールの改善・修正内容

各ツールの改善・修正内容は、パッケージバージョンまたは各ツールのバージョンをクリックしてご覧ください。

RXファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ Ver.1
パッケージ
バージョン
対応OS(*1) 構成ツール(*2)
統合開発環境(*3) C/C++
コンパイラ
アセンブラ 最適化
リンケージエディタ
シミュレータ・デバッガ
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
4.09.00 1.02.01 1.02.00 10.02.00 1.02.01
1.02.00 1.02.00
1.01 Release 00 1.01.00 1.01.00 10.01.00
*1
Windows XP、Windows Vistaの64ビット版には未対応です。
Windows 8以降の動作確認状況は、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページをご覧ください。
*2
上記のツールの他に、標準ライブラリ構築ツール、フォーマットコンバータ、Call Walker(スタック解析ツール)、MapViewer(メモリ割付情報ビューワ)が含まれます。
*3
統合開発環境High-performance Embedded Workshopの最新Ver.はV.4.09.01です。V.4.09.01 へのリビジョンアップにつきましては、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページのお知らせをご覧ください。
SuperH RISC engine C/C++コンパイラパッケージ Ver.9
パッケージ
バージョン
対応OS(*1) 構成ツール(*2)
統合開発環境(*3) C/C++
コンパイラ
アセンブラ 最適化
リンケージエディタ
シミュレータ・デバッガ
Windows Vista
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
4.09.01 9.04.03 7.01.02 10.02.01 9.10.01
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
9.04.02
9.04
Release 01
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
4.09.00 9.04.01 10.01.00
9.04
Release 00
Windows 2000
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
4.08.00 9.04.00 10.00.01 9.10.00
9.03
Release 02
Windows 2000
Windows XP
Windows Vista
4.07.00
4.06.00
9.03.02 9.05.01 9.09.00
9.03
Release 00
4.05.01
4.05.00
9.03.00 9.05.00 9.08.00
9.02
Release 00
Windows 2000
Windows XP
4.04.01
4.04.00
9.02.00 9.04.00 9.07.00
9.01
Release 01
4.03.00 9.01.01 7.01.01 9.03.00 9.06.00
9.01
Release 00
4.02.00(その2)
4.02.00
4.01.00
9.01.00 9.02.00
9.00
Release 04A
Windows 98
Windows NT 4.0
Windows 2000
Windows ME
Windows XP
4.00.03 9.00.03 9.01.00 9.05.01
9.00
Release 04
9.00
Release 03
4.00.02 9.00.02 7.01.00 9.00.03
9.00
Release 02
4.00.00(その2)
4.00.00
9.00.01 7.00.01 9.00.02 9.04.00
9.00
Release 01
3.01.08 9.00.01
9.00
Release 00
3.01.06 9.00.00 7.00.00 9.00.00 9.3.01
*1
Windows XP、Windows Vistaの64ビット版には未対応です。
*2
上記のツールの他に、標準ライブラリ構築ツール、フォーマットコンバータ、Call Walker(スタック解析ツール)、MapViewer(メモリ割付情報ビューワ)が含まれます。ただし、フォーマットコンバータは、V.9.04 Release 00以降には含まれません。
*3
複数のバージョンを記載している場合、最上位のものが製品に付属しています。
H8S,H8/300シリーズ C/C++コンパイラパッケージ Ver.7
パッケージ
バージョン
対応OS(*1) 構成ツール(*2)
統合開発環境(*3)(*4) C/C++
コンパイラ
アセンブラ 最適化
リンケージエディタ
シミュレータ・デバッガ(*3)(*5)
7.00
Release 00
Windows 2000
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
4.06.00
4.05.01
4.05.00
7.00.00 6.02.01 9.05.01 5.08.00
5.07.00
*1
Windows XP、Windows Vistaの64ビット版には未対応です。
High-performance Embedded Workshop をV.4.08.00以降へアップデートすることにより、Windows 7に対応します。
Windows 8以降の動作確認状況は、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページをご覧ください。
*2
上記のツールの他に、標準ライブラリ構築ツール、フォーマットコンバータ、Call Walker(スタック解析ツール)、MapViewer(メモリ割付情報ビューワ)が含まれます。
*3
記載したバージョンのうち最上位のものが製品に付属しています。
*4
統合開発環境High-performance Embedded Workshopの最新Ver.はV.4.09.01です。V.4.09.01 へのリビジョンアップにつきましては、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページのお知らせをご覧ください。
*5
H8S,H8/300シミュレータ・デバッガの最新Ver.はV.5.09.00です。 V.5.09.00 へのリビジョンアップにつきましては、ルネサス エレクトロニクス株式会社のホームページのお知らせをご覧ください。

SuperH RISC engine C/C++コンパイラパッケージ Ver.8以前

H8S,H8/300シリーズ C/C++コンパイラパッケージ Ver.6以前

コンパイラパッケージの使用上の注意事項です。
ご使用の際は、ご注意いただきますようお願いいたします。

RXファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ
パッケージバージョン 注意事項
Ver.1 コンパイラパッケージ V1注意事項

RXファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ

SuperH RISC engine C/C++コンパイラパッケージ

H8S,H8/300シリーズ C/C++コンパイラパッケージ

カタログ

High-performance Embedded Workshop版 RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージは、V.1.02 Release 01でバージョンアップを終了しました。
そのため、High-performance Embedded Workshop版 RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージは V1 のみで、V2 はありません。CS+版へ移行し、コンパイラのバージョンを V1 から V2 へバージョンアップ(*) することもご検討ください。

*
CS+版 V2を新規にご購入いただくことになります。CS+版 V2では、RX100シリーズとRXv2コア搭載品(RX64Mグループなど)にも対応しています。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

FAQ

ユーザの皆様からよく寄せられる質問についての回答です。
以下のリンクをクリックすると質問と回答が表示されます。