本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

  ルネサスエレクトロニクス株式会社製RZ/G1Mを搭載し、T-KernelとLinuxが同時に動作するマルチOS環境を実現した、産業分野向け組込みプラットフォームです。

産業用途向けT-Kernel・LinuxマルチOS組込みプラットフォーム「Solution Engine G1」

「Solution Engine G1」の特長

  • RZ/G1M組込みプラットフォーム(コアモジュール+ベースボード+リアルタイム・オーガナイザ+T-Kernel+Linux+Warp!!)を一括提供。
  • 量産に適用可能な組込みモジュール(コアモジュール+リアルタイム・オーガナイザ+T-Kernel+Linux+Warp!!)を提供。
  • LinuxとWarp!!は、リネオソリューションズ株式会社(以下リネオ社)と連携し、検討から開発、量産までサポート。

応用製品例

「Solution Engine G1」応用事例
応用分野 応用製品例 製品構成例
ビデオ
コンピュー
ティング
  • カメラ画像処理装置
  • 監視システム
カメラ画像処理装置、監視システム
カメラ画像処理装置、監視システム製品化構成例
産業機器
  • 産業/FA
  • シーケンサ
産業FA_シーケンサ等
産業FA_シーケンサ製品化構成例
サイネージ等
  • サイネージ
  • 産業用プリンタ
サイネージ、産業用プリンタ等
サイネージ、産業用プリンタ製品化構成例



ソフトウェア構成

  • T-KernelとLinuxのマルチOS環境を提供。リアルタイム・オーガナイザがOS間連携
  • リネオ社製Linux超高速起動ソリューション”Warp!!”を標準搭載
  • LinuxとWarp!!は、リネオ社と連携して、技術サポートを提供

「Solution Engine G1」ソフトウェア構成

ハードウェア仕様

キャプションを入れてください。
項目 仕様 備考
コア
モジュール
型名 MSRZG1MC001BW 量産組込み
CPU RZ/G1M(R8A77430) CPUコア周波数:1.5GHz
プログラムROM 64MB SPI-FLASH
ワークRAM 2GB DDR3-SDRAM
ストレージメモリ 8GB eMMC
SDスロット microSDカードスロット 1ch -
USB 2.0 Function Mini B -
USB 3.0 Host Type A -
LCD表示 LVDS 1ch -
JTAG I/F ARM 20ピンコネクタ -
デバッグシリアル Function Mini B USB 2.0
拡張コネクタ 120ピン 2ch -
電源 DC 5V -
ベース
ボード
型名 MSRZGBS01BW 評価・評価用
ビデオ入力 コンポジット入力 2ch  *2 -
HDMI出力 1ch -
音声 入力 1ch, 出力 1ch -
EEPROM 128KB -
Ethernet  *1  *2 1000BASE-T -
RTC -
*1
EthernetAVBの対応についてはご相談ください。
*2
本製品はコンポジットビデオ入力 (2ch) とEthernet (1000BASE-T) を搭載しています。また、コンポジットビデオ入力 (4ch) とEthernet (100BASE-TX) の対応も可能です。詳細はお問合せください。

販売形態

評価キット

  1. 型名 :  MSRZG1MSE01W
  2. ハードウェア :  コアモジュール(評価版)、ベースボード、電源
  3. ソフトウェア :  T-Kernel(OSS), Linux BSP(OSS), リアルタイム・オーガナイザ, Warp!!(リネオ社製), T-Kernelサンプルデバイスドライバ
  4. ドキュメント

エンジニアリングサポート

エンジニアリングサポートは有償にて対応します。

商標注記

  • T-Kernel は、コンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品をさすものではありません。
  • Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Tux the Linux Penguin はLarry Ewing氏(lewing@isc.tamu.edu)がGIMPによって制作したイメージを元に作成したものです。
  • Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • Solution Engineは、株式会社日立超LSIシステムズの登録商標です。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。