本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 日立超LSIシステムズ

VCIMBoxは、製造ラインの装置PLC、シグナルタワー、センサーから実績情報を取得して製造現場の見える化の早期立ち上げを実現します。

「VCIMBox」の特長

PLCとの簡単接続 実績情報へのタグ付け MQTTによるメッセージ送信
  • PLCデータ
  • 設備稼働状態
  • センサー情報
設備から読み出した実績情報に対してタグ付けすることで、上位のサーバ側で実績情報のフィルタや解析が容易になります。 設備から読み出した実績情報はMQTT(*1) によりメッセージ送信します。上位サーバ(*2)は、MQTT経由で実績情報の収集ができます。
*1.
MQTT(Message Queue Telemetry Transport)は、Publish/Subscribe型のメッセージ配信のためのプロトコルです。メッセージ配信は、MQTT Brokerを介して1対Nの配信ができます。
*2.
上位サーバやPCとMQTT Brokerは1台で兼用することも可能です。

構成図

「VCIMBox」システム構成例

「VCIMBox」仕様

""
VCIMBox仕様
項 目 PLCデータ 設備稼働状態 センサー情報
機能要約 製造装置に搭載されているPLCまたは統合PLCから製造、検査のトレンド(周期)情報および加工実績情報を取得します。 通信IFを持たない古い設備等から接点Boxを使用して、設備稼働情報を取得します。 電力計センサーから設備電力計測値情報を取得します。
通信方式 三菱電機社のMCプロトコルあるいはオムロン社のFINSコマンドによるワード単位の一括読み出し方式。 シグナルタワー等からFTDI規格プロトコル。I/Fは接点BoxによるUSB接続。 Modbus規格プロトコル。I/FはRS485シリアル通信接続。
対象設備 1台のPLCまたは統合PLCを対象として接続し、バイナリコードで読み出します。 タワーランプの点灯・消灯から稼働状態を判断します。 Modbus規格のセンサーを使用します。
対象デバイス PLC:三菱電機社製はMCプロトコルで使用可能な各種デバイス、オムロン社製はFINSプロトコルで使用可能な各種デバイスに対応します。接点Box:ゼニス計測社製 (ZS-6224S)を使用します。電力計センサー:オムロン社製小型電力量モニタ(KM-N1-FLK)を使用します。
データ取得間隔 トレンド情報の取得間隔は、1回/秒です(*2)。加工実績情報は、トリガの変化を監視して取得します。 接点Boxの取得間隔は、1回/秒です。(*2) 電力計センサーから取得する実績情報の取得間隔は、1回/秒です。(*2)
データ送信 取得情報は、VCIMBoxの内部メモリでデータの分割、タグ付け処理等を実施した後にMQTT送信します。
*2.
取得間隔は128ワード/128項目で収集した値です。1回/秒を保証するものではありません。取得する装置数、データサイズ、ネットワーク負荷によって異なります。



「VCIMBox」の構成内容

「VCIMBox」の構成内容

商標注記

  • VCIMは、(株)日立超LSIシステムズの登録商標です。
  • VCIMBoxは、(株)日立超LSIシステムズの登録商標です。
  • このページに記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。